Calendar

2014年07月
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

trackbacks

Links

« 2007年07月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月07日

Z-FLAG代表取締役 ひるま克治プロフィール

(有)Z-FLAG代表取締役社長
コンピュータ・グラフィックス映像の製作・ディレクション・プロデュースを行う。
WebSite:
http://www.z-flag.com/hiru/hiruweb/

高校時代、自分の職業を3DCGとすると志し、
千葉大学工業意匠学科/日本電子専門学校コンピュータ・グラフィックス科をダブル・スクールで学ぶ

職歴
1990年(株)ポリゴン・ピクチュアズ入社
"In search of Axis"シリーズ
「DANCING ALPHABET」
「Michael the Dinosaur」
TBS「ダウトをさがせ!」初期オープニングタイトル
NHK「ハイビジョン」タイトル
NHKハイビジョンスペシャル「青春牡丹灯篭」
資生堂HGスーパーハードムース「ペンギン篇」
IPAマルチメディア研究センター デモCGムービー
ミツカン追いがつおつゆCF
等に参加

1996年 ポリゴン・ピクチュアズを退社、フリーランスとして活動開始
(株)童 シューティングゲーム「紫炎龍」オープニングムービー
NHKスペシャル「インドリコテリウム」CG映像
NHKハイビジョンスペシャル「東京龍」CGタイトル制作
(株)アトラス PS2用ゲーム「ファイナルラウンド」CGムービーディレクション
富士急ハイランドアトラクション「ガンダム・ザ・ライド」CG映像制作
(株)OLMデジタル 劇場版「ポケットモンスター」CG映像制作
フジテレビ F1 2002 オープニングCG 制作 フェラーリ担当

2002年 千代田区神田に「Z−FLAG」旗揚げ プロダクションとして活動開始
GAGA-HUMAX タイトル
サントリー「青春チューハイ」CF
TBS「探検!ホムンクルス」オープニング
トヨタ NOAH CF
TVシリーズ「SDガンダムフォース」
TVシリーズ「ゾイドジェネシス」
愛知博 三井東芝館展示映像「グランオディッセイ」

2005年  日本海海戦100周年に合わせ、(有)Z-FLAG設立 
映画「SHINOBI」
映画「オシャレ魔女ラブ&ベリー しあわせのまほう」テクニカルディレクション

2009年
映画「ホッタラケの島」コンポジット
映画「カムイ外伝」CG,VFX

他 ゲームムービー、CM、Web用ムービー等、多数
       

1999〜2002年 筑波技術短期大学 デザイン学科 非常勤講師
著書
「MAYA4パワー・クリエイターズ・ガイド」アスペクト 
「MAYA4.5パワー・クリエイターズ・ガイド」アスペクト 
雑誌"CGWorld"等の記事執筆多数

Z-FLAGの強み

◯豊富な3DCG映像制作経験と実績

Z-FLAGには豊富な3DCG映像制作経験とがあります。3DCG制作というものをよく知っています。映画、モーションキャプチャーを使ったゲームムービー、CF、高精細な静止画など、3DCGを使ったあらゆる制作局面での経験と実績があります。

◯MAYAというソフトへの深い理解

Z−FLAGは、メインツールであるMayaをよく知っています。スクリプトを使いこなし、その場に応じたツールを開発しながら、作業を効率化する術を知っています。

◯人的ネットワーク

Z−FLAGは、日本の狭い3DCG業界の中でも優秀な人間との深い関係があります。状況に応じた対応が可能です。

◯”リアルさ”の追求

Z-FLAGは多方面に渡る3DCG分野の中でも、特にレンダリング関係、ライティング、シェーディングについての造詣が深く、他よりも速くクオリティをあげる事ができます。ただツールに振り回されるのではなく、Maya標準レンダラー,MentalRay,RenderMan,Vray等をどういう場面でどう使い、求められる結果につなげてゆくかを知っています。

◯乗り物好き

Z-FLAG社長であるひるま克治はどちらかと言えばキャラクターよりも(もちろんできない訳ではないですが)、
乗り物関係全般が好きなので、マニアならではの知識、こだわりをもった制作をすることができます。
特に車関係のCG制作における、深い知識と経験があります。