Calendar

2014年07月
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

comments

trackbacks

Links

« 2010年03月 | メイン | 2010年09月 »

2010年04月08日

CG屋の仕事

エヴァンゲリオン(TV版)の1シーンで、アスカが冬月にしかられる場面があります。


----------------------------------以下、かなりうろ覚え
冬月「君達の仕事はなんだ?」
アスカ「エヴァに乗ること、?」
冬月「違う!使徒を倒す事だ!」
----------------------------------


野村監督がヤクルト時代に、テレビでぼそっと言った台詞が、私の印象に残っています。
-----------------------------------
「若い奴らは野球をする事が仕事だと思ってんだよ、、勝つ事が仕事なのにねぇ」
-----------------------------------

では、CG屋は何をする事が仕事でしょう?

CGを作る事?
Mayaを使う事?
画を作る事?

みんな違います。

CGでお客様を満足させる事が仕事です。
そのためには、どこよりも良い画を速く作る事、
つまり他のCG屋に勝つ事が大事です。


CGは客商売です。
サービス業です。
それが大前提です。

アートなんて語ってるヒマあったら、少しでも速くいい画をお客様に届けてください。

注文が多いとか、無理難題言ってくるとか、そりゃ不満もあるでしょう。
しかし、大前提を忘れてはいけません。


お客様あってのCG屋です。
画を注文してくれる人がいなくなったら、CG屋は成り立たないのです。

お客様にそっぽを向かれないためには、他のCG屋に乗り換えられないこと、
つまり勝つしかないのです。