Calendar

2014年07月
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

comments

trackbacks

Links

« 新たな仕事 | メイン | 常在戦場 »

仕事での話し方

新人がプロダクションに入って戸惑うことの一つに、
コミュニケーションの問題があります。
これは「話ベタ」ということとは別の問題です。
気をつけて訓練する気持ちがあれば必ずできます。
要はその気があるかどうかです。

○話すタイミング
CG制作をしていると、
"ここから先に作業を進めるとやり直すときに二度手間になる"という
タイミングがあります。
そこで上司に結果が予想できる状態で見せて確認しておく事で、
要らぬ回り道をしないで済むメリットが得られます。
別に上司が声をかけてくるのを待つ必要はありません。
"仕事が進むこと"これが何よりも優先されます。
見せる回数を減らして最後まで作るより、
手間を惜しまず途中で同意を得る方が、
結果として進むということはよくあります。

○話し方
・結論があるなら結論を先にいう。
「ダメだと思います。なぜなら、、」
「時間がかかりそうです。なぜなら、、」etc.
理由から先に話しはじめると、何を言いたいのかが最後までわかりません。

・主語を混乱しない言い回しで明確に言う。
「これ」「あれ」よりも具体的な名詞を明示的にいったほうが
誤解を減らす事ができます。

コミュニケーションがうまければ、
仕事の効率は明らかに上がります。
論理的に考えられる人はやることに無駄がありません。
無駄がないということは仕事が速いということになるのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.z-flag.com/mt/mt-tb.cgi/184

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.2-ja-2

Designed by
ACQUA*WEB