Calendar

2014年07月
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

trackbacks

Links

« 2011年09月 | メイン | 2014年07月 »

2011年11月04日

20世紀FOX版、竹内結子主演『はやぶさ/HAYABUSA』感想

20世紀FOX版、竹内結子主演『はやぶさ/HAYABUSA』

時間ができたので観てきました。
あまり売れてないらしいけど、、、
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1672639.html
↑こちらでは酷評されてます。

しかし観て来た今となっては、かなり悪意ある記事だなあ、、と
思っています。
そこまで言うような映画と演出だったか!?

はやぶさがしゃべりだすのは確かです。
でも私的には、唖然とするような演出じゃありません。
私も予告で喋っているのを見て、「おいおい、、」と思ったクチですが、
ある設定を理解すれば、ぜんぜんおかしくない。
ちょっと判りにくいし、
わざと感情移入するようにボカしているのだけれども。

それも理解せずにこんな記事にするなんて、
ちょっとミスリードじゃないの!?

だからそう思えば決して悪くないですよ。
疑問符が付くようなところもありますが、いいところもたくさんあります。
なにより
火星探査機”のぞみ”の事まですくい取ってくれていたのに
好感が持てました。
おかげで映画自体はちょっと長すぎちゃったかな、、、

でもそのような”はやぶさ”実現までにある、
裏側の苦労をたくさん見せている事にこそ、
あの映画の意味がある気がしています。
エンディングを観ても判るように、あの映画には少なくとも、
日本の宇宙開発全般への「愛」があります。
マニア的には楽しめておっけ〜。

CGのクオリティも十分です。
負けるポイントの少ない素材ですけどね。。
N-DESIGNさんをはじめFRAMEWORKSさん、イマージュさん、がんばりました。
でも「HAYABUSA BackToTheEarth」という最強の作品が
既にあるので、ダイナミックさでは勝てないかなぁ、、
パクり演出も見えてしまったのがちと残念。

もう殆どこの映画の劇場公開は終わりのようですね。
さて残り2本はどうなるか。

いや〜ほんと、
自分がCGで関わっていない映画を観るのって、気が楽だわ〜